ビオトープ科

野生生物と人との共生。
これからの社会に新たな付加価値を加える。

1

多様な生き物が持続して暮らせる生息空間「ビオトープ」について学びます。

「ビオトープ」って?

ビオトープという言葉を、様々な場所で聞いたことがあると思います。この「ビオトープ」とはどういう意味でしょう。ビオトープは、ギリシア語のbio(生命)とtopos(場所)を基にして作られたドイツ語で、直訳すると「生命の場所」という意味になります。もう少し加えると、他の場所と明確に区別することのできる特徴があり、生息する生物が互いの関係の中で構築している空間ということです。

多様な生き物が持続して暮らせる生息空間「ビオトープ」イメージ

2

総合学園の強みを活かし、エコを活用した都市型緑化など、
これからの環境社会を作る技能を修得します。

  • 環境社会を作る技能を修得
  • 環境社会を作る技能を修得
  • 環境社会を作る技能を修得
  • 環境社会を作る技能を修得

自然環境と遺伝子工学、3D-CG環境シミュレーションについても学びます。地球温暖化などの環境問題や減りゆく野生生物の現状、外来生物問題、生物多様性など様々な視点で環境を視る力を身につけます。太陽光発電をはじめとしたECO対策も!

主なカリキュラム

  • 授業
  • 実習

3

野生生物と人との共生。これからの社会に新たな付加価値を加えます。

淀川調査
  • 淀川調査
  • 淀川調査

淀川調査

琵琶湖から流れ出る唯一の河川「淀川」。古くから私たちの生活に深く関わってきましたが、水質汚染やかんがい工事のため、淀川の環境は大きく変化し、また外来生物の侵入も生態系を変える要因になっています。貴重な生き物のいつまでも共存できる環境を維持することは、淀川の水に頼っている私たちの生活にとっても大切です。水質、魚、水草、河川敷などあらゆる角度から淀川を調査し、淀川の環境と生き物を守るためにはどうすべきかを研究します。

多ビオトープ演習(3DCG)

ビオトープ演習(3DCG)

コンピュータの画面上に作り上げられた仮想都市空間に、自分だけのビオトープ計画に基づき多様な植栽や構造物を配置し、理想的な空間を創りあげます。多様なニーズに応じた空間を画面上で操作し、様々な角度から見ることができます。

4

環境工学を身につけたビオトープ管理士として、業界デビュー!

  • STEP1.まずは、生態学、バイオ総論、測量などの生物系や建築系の基礎をしっかりとマスターします。
  • STEP2.ビオトープ計画、都市計画などの専門科目や環境関連法、小論文対策も加えビオトープ管理士試験に万全な態勢で臨みます。
  • STEP3.環境分析、動物行動の観察記録法、屋外生態調査、更にはミニチュアビオトープにより実際の応用分野も充実させます。
  • ビオトープ管理士

カリキュラム対応で有利に取得可能な検定試験

国家資格がもらえる!

電気通信の工事担任者「DD第三種」 端末設備の接続及び配線工事を行い、または監督することができる技術者です。

求められる資格