卒業生インタビュー

第一線で活躍する先輩たち

一級建築士 枦 敬文さん

建築物の安全性を評価し、
建築災害を防止する。

建築確認機関

枦 敬文さん

幼少の頃から大工の棟梁であった父親の背中を見て育つ。小学生時代から建築現場で手伝いをすることも度々あったという。現場のにぎやかな雰囲気、たくさんの仲間と一緒に仕事をするのが好きで、自然と建築の世界を志すようになる。大阪建設専門学校時代は、CADの授業や建築物のパースを描く授業が好きだったそうだ。卒業後、神戸の建設会社に就職し、その後現在の仕事へ。

一級建築士 達川 明姫さん

一級建築士として、
すべての工程を見守りたい。

横山建築事務所

達川 明姫さん神戸朝鮮高級学校 出身

国立大学志望だったが、実践的スキルと建築士資格の取得をめざして大阪建設専門学校へ。在学中に住環境福祉コーディネーター3級、建設会社入社1 年目に二級建築士試験に合格し、働きながら宅建も取得。さらに一級建築士試験にもみごとに合格。職場では、戸建住宅の実施設計から、役所への書類提出、各現場の進行状況の把握、取引先との折衝もこなす。

一級建築士 山川 淳さん

誰も見たことがない
でも見た瞬間に住みたくなる住まいのデザイン

株式会社乃村工藝社/KIMIIRO代表

山川 淳さん大阪暁光高等学校 出身

在学中は二級建築士試験のストレート合格に向けて勉強。学校での授業をきちんと受けていれば、合格できると語る山川さん。2次元から3次元にかけての各種CADソフトのオペレーティング能力、デッサン力、模型づくりの技能などが習得できたことにも満足しているようだ。現在は大手総合ディスプレイ会社の建築部門に勤めながら、自らも一級建築士事務所を構えて活動中。名刺のデザインから公共建築物の建築調査まで幅広く手掛けている。

二級建築士 森 知佳代さん

若手中心のアットホームな会社で、
お客様の理想とする家づくりに奔走中!

office WIN 二級建築士事務所 代表

森 知佳代さん近畿大学泉州高等学校 出身

昔から間取り図を見るのが好きで、実家を理想の間取りに変えてみたいと考えていた森さん。その思いから建築士を志し、高校を卒業後、大阪建設専門学校に進学。在学中に二級建築士受験資格、建築CAD検定3級を取得した。卒業後、ハウスメーカーで経験を積んだ後、二級建築士を取得。その後、地元和歌山の建築デザインオフィス「スタジオパートスリー」で勤務。注文住宅を中心に年間約20軒の建築を手がける同社で、ハウスメーカー時代の経験も活かしながら活躍。現在は独立し、設計事務所を営む。

二級建築士 河野 翔さん

自分がプランニングした家が完成したときの、お客様の笑顔が何より嬉しい。

アトリエJIGSAW

河野 翔さん愛媛県立 松山工業高等学校 出身

「インテリアの勉強をしていた父の影響で、中学生の頃からインテリアに興味がありました」と語る河野さん。社会人になってから、趣味が高じインテリアを仕事にしたいとの思いが強くなったそう。建物について学べる大阪建設専門学校に入学後、先生に指導を受け「いつか独立したい」と考えるように。卒業後はアトリエJIGSAWに就職。実務経験を積み一級建築士資格を取得して、いずれ建築士として独立するのが目標だそうです。

中級バイオ技術者 森脇 伸次さん

資源をバイオの力でリサイクルする
環境にやさしい事業。

美濃部株式会社

森脇 伸次さん大阪府立 高槻北高校 出身

森脇さんが大阪建設専門学校を選択したのは、同校の建築学科Ⅱに友達が一足先に在籍しており、紹介してくれたからだという。「最初は、学校を選択するとき何を基準にするのかわからなかった。友達の話を聞くうちに、ココしかないという思いが芽生えました。」バイオエコロジ科の充実した環境・設備で、学べたことが現在の仕事につながっているようだ。